家族で泊まれないホテル - 不思議体験クラブ

不思議体験クラブ

霊能先生

MASK校長の心霊コラムは学研ムー公式サイト「ムープラス」にも掲載。
ムープラスで「外国人の実話怪談」とご検索ください。  学研ムープラス

  • 学校掲示板
  • 心霊学校写真室
  • 心霊学校図書室
  • ゾッとする校長日記
  • 不思議体験一覧
  • ENGLISH

>> 除霊のご依頼・ご相談はコチラ

家族で泊まれないホテル‥

中学二年生の頃、温泉の加賀屋で有名な石川県に私は住んでいた。ある日、車で横浜まで旅行することになり、母と私と弟の三人で出掛けたのだった。横浜で何をして遊んだとか何を食べたとかは一つも覚えていないのだが、帰り道のあるホテルでの興味深い体験だけは今でも鮮明に覚えている。
横浜から石川県に帰る道のりの半分は高速道路、もう半分は一般道を走って帰るという計画だった。横浜から一般道を走って約2時間もすると辺りも薄暗くなっていた。すると母が、
「次に見えたホテルに入るからね」
私はうとうとしながら助手席から「うん」と返した。数分後、ホテルらしき建物が見えてきた。
「ここ、ほらここに入ろうかね!」
母の車がホテルの駐車場へ入ると、フロントガラスにのれんがこする音が聞こえた。空いているスペースに停車して車を降り、受付をするために三人はフロントへと向かう。しかし、奇妙なことにフロントにスタッフが見当たらない‥
「だれもおらんね」
見渡すとそばに電話が置いてあり、こちらでスタッフをお呼びくださいみたいなことが書かれている。母もそれに気がつくと、
「これかね、電話で呼ぶんかいね」
母が受話器を取って会話している‥‥まもなくして受話器を置く。
「いま来るって!待っとろう」
ふとその時、向こうから若い男女二人がホテル側から出てきた。見ると、なにやらこちらを見てクスクス‥と笑っている。私は中学校の体操服上下を来ていてぼうず頭だったのでそれを笑われたと思いムッとした。するとまた別の若い男女二人が出てきた。その二人もこちらを見てやはりクスクス‥と笑っている。ここで私はハッと思った。‥まてよ、ここってもしや‥、テレビの昼ドラでよく見たことあるそういうホテルじゃねーんか‥??このババア!なんで入ってんだよっ‥と心の中で思ったので母に、
「‥ちょ、ここ出っぞ」
と言うと、
「なんでやの!もうスタッフくるっていうとるやろいね」
「いーから!はよでーやっ!」
私の慌てた見幕を見て母も何かを察知したらしく、急に態度を変えて三人で足早にホテルを後にした。フロントでは5分ほどスタッフを待ってしまっていたが、なんとか会わずに済んだのだった。